ビジネスの場で好感度を得るためのファッションとは?

スーツ

ビジネスの場においてのファッションとは、その人を映す重要な役割を果たすものです。それぞれの職場によって服装の規準や規定は異なりますが、清潔感があり素敵だなと感じるスタイルには、いくつかの共通点があるようです。ビジネスの場で好感度が高いのは、どんなスタイルなのでしょうか。

ビジネスの場におけるファッションとは

ビジネスの場におけるファッションは、その人の人となりを印象づけます。特に第一印象は、その後の関係を大きく左右します。第一印象で最も大切なことは“清潔感”です。
シワがない、体型に合っているなど、基本的な身だしなみが整っているだけで、ビジネスマナーの良い「礼儀正しい人」という印象を与えます。

人は見た目が9割は本当だった!? ファッションは名刺がわりになる

“人は見た目が9割”という言葉をよく耳にしますが、ビジネスの場では“見た目が100パーセント”といっても過言ではありません。例えば、AさんとBさんが類似した商品のセールスで現れたとします。Aさんはシワのないスーツに爽やかなブルーのシャツを身につけ、髪も綺麗にセットされています。一方でBさんは、ダボっとしたスーツにシャツはシワだらけで寝癖がついたヘアスタイルです。あなたなら、どちらと取り引きしたいと感じるでしょうか。断然Aさんを選ぶのではないでしょうか?

「シワがないスーツを着ているか」「きちんとアイロンがかかったシャツを着ているか」など、身だしなみを整えることはビジネスマナーの基本です。そのうえで、体型に合ったスーツを着る、シャツやネクタイの選び方を工夫することで、Aさんのように好印象を与えることができるのです。「Aさんはいつも綺麗なシャツを着ているね」と言われたら、ビジネスの成功が間近に期待できそうですね。ファッションが名刺がわりとなり、仕事を成功へと導いてくれるのではないでしょうか。

ファッション上達の近道は「真似る」ことから

最近では、ビジネスシーンでもスーツではないスタイルが一般的になりました。ややカジュアルなスタイルほど「苦手」と感じる方もいらっしゃることでしょう。ファッションセンスを磨くには、誰かを「真似る」ことが近道です。自身の職場やビジネスシーンで「カッコいい」と感じる先輩や同僚のスタイルを観察してみましょう。ビジネスの場では、職種によって服装の規定があるため、近しい人のファッションを真似ることがセンスアップのコツです。
ショップで似たような服を見つけたら、まずは試着してみましょう。いいなと思っても、似合う、似合わないがあるため、取捨選択しながら自分に合うかどうか、ビジネスファッションとしてふさわしいかどうかを見極めましょう。

自分に合うファッションやスタイルを知ろう

ビジネスの場において、やりすぎるファッションは逆効果になる危険性を秘めています。スーツやジャケットなど洋服を購入するときは、できれば一人で決めないようにしましょう。友人や彼女、奥さんやショップの販売員など、他人の目線で選ぶのがおすすめです。自分の体型に合うサイズ、デザインを知ることで好印象に映るスタイルを知ることができ、他人目線での自分を知ることができます。
自分に合うスタイルを知ると、個性の出し方が分かってきます。スーツの場合はシャツやネクタイで、職種によって服装の規定が厳しい場合は、素材や地模様、プリントでさりげなく個性を出すこともおすすめです。カジュアルがOKな職場では、シャツや小物のデザインにこだわってみたり、お気に入りのブランドを極めてみたりとファッションを楽しみましょう。デザイン性が高いものは控え気味にして、さりげなく個性を光らせるのが好感度アップのカギです。
また、ビジネスファッションにおいては、バッグや靴、時計なども重要なアクセサリーです。小物に関しては、妥協しないで、素材のいいものを選ぶことをおすすめします。

お気に入りの雑貨を持つのも、仕事が楽しくなるポイントのひとつでしょう。無難なチョイスになりがちな携帯カバーや万年筆などを、あえて遊びの要素が強いものを選ぶと、会話のきっかけや糸口となり、関係性を築くために一役買ってくれます。

成功のカギとなるビジネスファッション

ビジネスの場におけるファッションの重要性についてご紹介しました。最後の決め手は、体型に合うだけでなく自分のスタイルになじむかどうかです。自分らしいスタイルで仕事に臨めると自信につながり、ビジネスの場において成功のカギとなってくれるのでしょう。

 

参考URL: