組み合わせ次第で印象は千変万化!白シャツコーディネートの基本

シャツ

シンプルでプレーンな白シャツは、アウターやボトムズとの組み合わせによって周囲に与える印象を変えられるため、1枚持っているとコーディネートの幅が広がる使い勝手の良いアイテムです。
ビジネスからプライベートまで幅広いシーンで活躍する白シャツをうまく使いこなすためにも、シャツ選びのコツやコーディネートでの注意点を覚えておきましょう。

白シャツ選びはシーンを考えて選ぶ

柔軟性に優れた白シャツは便利なファッションアイテムですが、デザインや素材によっては、その場にそぐわない場合もあります。
以下のポイントを押さえて、シーンにふさわしいシャツを選びましょう。

襟のデザイン

顧客との商談や他社でのプレゼンテーションなど、相手のいる重要なビジネスシーンでは服装にも気を遣う必要があります。
注意するポイントとしてまず挙げられるのが、シャツの襟型です。失礼があってはいけない場面でも使える襟型は、襟の長さや開きが標準的な「レギュラーカラー」や、レギュラーカラーよりやや開いた「ワイドスプレッド」、反対にやや開きが狭い「ナロースプレッド」などです。
襟先をボタンで留める「ボタンダウン」や襟羽のない「バンドカラー」、襟と襟台を1枚仕立てにした「イタリアンカラー」などはカジュアルなシーンで活躍します。

素材

シャツ全体の印象は素材によって左右されますが、その場に適切かどうかも素材によって決まってきます。
ビジネスシーンで使えるシャツの素材は「コットン」が基本です。特に、重要なビジネスパートナーと接見するような場面なら、コットン100%のシャツが無難でしょう。
以上が原則ですが、近年は技術の進歩で優れた化学繊維のシャツも開発されています。高い耐久性や伸縮性などを持たせた実用性の高いシャツもあるため、内勤や、体を使う活動的な場面など、シーンに合わせて使い分けることがおすすめです。

サイズ

シャツのサイズは相手の印象を決定づける重要な要素で、場面によっては失礼になってしまうこともあります。
あえてルーズさを演出するためにオーバーサイズを選んだり、窮屈でも体のラインを強調するためにワンサイズ下を選んだりする場合は、プライベートシーンに留めておいた方が安全です。
基本は、体にジャストフィットするサイズを選びます。大きすぎればだらしない印象を与え、小さすぎれば違和感を与えるうえ自分自身も動きにくいというデメリットがあります。
ジャストフィットサイズを選んでおけば、ほかのアイテムにカジュアルなものを選んでも、フィットしたシャツが「きちんと感」を保ってくれます。
シャツの裾をパンツの外に出して着る場合、裾の長さはベルトが隠れるくらいまでが基準です。

ビジネスで組み合わせるアイテム

近年は、クールビズやビジネスカジュアルなど、ビジネスシーンでもある程度のカジュアルさが許されることが多くなりました。許容範囲が広がった時代ではありますが、それでも一定のルールはあります。
ここでは、ビジネスカジュアルを例に、その許容範囲内で白シャツとコーディネートするアイテムを見てみましょう。

スーツ・ジャケット

生地はウール素材がベースです。色はネイビーブルーから淡いブルー、チャコールグレーからライトグレー、ダークブラウンで、柄は、無地はもちろん、目立つストライプやチェックもビジネスカジュアルの許容範囲です。

パンツ

生地はウール素材がベースです。色はネイビー・黒・チャコールグレーからライトグレーまでで、柄は目立つストライプ・チェックもビジネスカジュアルの範疇に入ります。

ネクタイ

素材はシルク、色はダークカラーがベースです。柄は、無地をはじめ、ドット・小紋・レジメンタル・ペイズリーで、プリントタイもビジネスカジュアルの許容範囲です。

革素材の黒・ダークブラウン・ブラウンから選びます。形は、紐靴のストレートチップ・プレーントゥ・Uチップ・モンクストラップがビジネスカジュアルの許容範囲です。

ベルト

革製のシンプルなデザインで、色は黒・ダークブラウンなど靴に合わせます。

職種や社風によっては、コットンや麻のスーツ、チノパン、カラーパンツ、ノーネクタイ、ローファーやデッキシューズ、レザーメッシュベルトなどがビジネスカジュアルとして許される場合もあります。
自分が務める会社が服装についてどのように定めているのか、確認してみてください。

プライベートで組み合わせるアイテム

プライベートといってもさまざまなシーンがあり、いつもジーンズやノージャケットというわけにはいきません。
例えば、三ツ星レストレンへ行く場合とファミリーレストランへ行く場合では服装も違ってきます。気のおけない友だちと飲みに行く場合と、合コンや婚活デートの場合では、選ぶアイテムも変わるはずです。しかし、ここでも活躍するアイテムが白シャツです。

シーンによってコーディネートをうまく使い分けする参考のため、白シャツを取り入れた「きれいめカジュアル」と、もっともラフな「スポーツカジュアル」の違いを見てみましょう。

きれいめカジュアル

シーンとしては、子どもの授業参観や保護者会・合コン・婚活デート・同窓会・異業種懇親会などを想定しています。
上着はなし、もしくは、カーディガンでも構いません。ジャケットを着る場合は、ウール・コットン・麻素材で、色・柄は全般が許容範囲です。
パンツは、コットンパンツ・チノパンを選び、ネクタイは色や柄も自由で着けても着けなくてもいいでしょう。
靴はドレスシューズ全般に加え、ローファーやデッキシューズ、チャッカブーツなども問題ありません。ベルトはレザーメッシュ、スエード、リボンベルトも使えます。

全体の組み合わせ例は、以下のようになります。

  • 上着:濃いブルーのコットンジャケット
  • パンツ:淡いベージュのチノパン
  • 靴:チャッカブーツ
  • ベルト:レザーメッシュ

カジュアルですがブルーやベージュなど正統派の色が白シャツと好相性です。靴やベルトも好感度の高いものを選ぶと爽やかでスマートな印象を与えます。

スポーツカジュアル

レジャーやスポーツ・子どもの運動会・ドライブなどを想定しています。
上着はカーディガン・ブルゾンで、パーカーもOKです。パンツは、デニム・カーゴパンツに加え、運動をする場面ならジャージ・スエット・ハーフパンツまでと許容範囲が広いです。
ネクタイは着ける必要はなく、ベルトも自由です。靴はローファー・デッキシューズ・ドライビングシューズが基本で、アクティブに活動する場合はスニーカー、海など場所によってはサンダルでも構いません。

全体の組み合わせ例は、以下のようになります。

  • 上着:ライトグレーのカーディガン
  • パンツ:ベージュのカーゴパンツ
  • 靴:ブラウンのローファー
  • ベルト:バックルの目立つカジュアルなもの

定番カジュアルスタイルですがここに白シャツを合わせることで大人っぽさが加わります。

アクティブに活動する場合は、もう少しカジュアル度を増してもいいでしょう。

  • 上着:ライトグレーのパーカー
  • パンツ:ダメージ加工のデニム
  • 靴:スニーカー
  • ベルト:バックルの目立つカジュアルなもの

アクティブシーンでは少し着崩すくらいが白シャツとの組み合わせが際立ちます。

コーディネートしやすいからこそ基本ルールが大切

シンプルでさまざまなアイテムと相性がいい白シャツは、何にでも合わせやすいだけに「なんでもOK」といってシーンにそぐわないコーディネートで相手を不快にさせてしまう危険性もあります。
まずは、体にジャストフィットするサイズを選び、洗濯やクリーニングで常に清潔感を保つよう心がけてください。
アウターを着ない場合は、シャツがメインになるため、できれば普段の倍くらいする価格の白シャツを選ぶことをおすすめします。

 

参考:

  • 政近準子『チャンスをつかむ男の服の習慣』KADOKAWA(2014年)