知っておきたいスーツの裾上げ基礎知識

スーツ

スーツを買うと裾上げが必要になることがあります。その際に裾の折り方や長さなどを聞かれても違いがよく分からず、店の人に任せきりにしていませんか? 裾上げについての基本を知っておくと、自分の好みを伝えやすくなります。裾上げの基礎知識をご紹介しましょう。

シングル裾上げとダブル裾上げ、どちらを選ぶ?

スーツの裾上げを注文するときに必ず聞かれるのが、シングルとダブルのどちらを選ぶかです。シングルは裾を折り返さずに裾上げする方法で、ダブルは裾を表側に折り返す方法です。ビジネスで使うスーツならば、どちらを選んでも問題ありませんが、それぞれの裾の特徴を挙げてみましょう。

フォーマルにもビジネスにも使えるシングル裾上げ

燕尾服やモーニング、タキシードのパンツの裾はシングル裾上げにします。フォーマル、ビジネス、カジュアル、どのような用途にも使える一般的なスタイルです。最近は、スッキリしたデザインのスーツが好まれるようになり、シャープな印象を与えるシングル裾上げの人気も上昇しています。

スポーティーな雰囲気を出したいならダブル裾上げ

シングルよりもスポーティーでファッション性の高いダブル裾上げは、礼服には不向きですが、平凡になりがちな足元にポイントを置くことができます。また、折り返しによる重さがあることで、ひざ下のラインが安定します。裾の折り返し幅には流行がありますが4㎝くらいが目安となるでしょう。細身のパンツをダブル裾上げにするときは、折り返し幅も細めにしたほうがバランスよく仕上がります。

裾の長さがスーツ全体の印象を決める

シングル裾上げとダブル裾上げの印象以上に、スーツの印象を変えるのが裾の長さです。膝下のたるみのことをクッションと呼び、クッションを出すか出さないかが裾の長さを決めるときの基準となっています。
裾の長さの種類を見てみましょう。

ワンクッションはフォーマルな印象

パンツの裾が靴の甲にかかり、膝下に大きめのクッションができる長さをワンクッションと呼びます。礼服やフォーマルな着こなしにおすすめです。ツータックのような裾幅が広いパンツに向いています。

ハーフクッションは正統派ビジネスマンに

ハーフクッションは、ワンクッションよりも少し短く、パンツの裾が靴の甲の上部にかかるくらいの長さです。最近のビジネススーツでは主流の長さで、膝下にわずかにクッションができます。ワンタックのような裾幅が標準のパンツに向いています。

ノンクッションはファッショナブル

裾が靴に触れるか触れないかくらいのノンクッションは、カジュアルな着こなしや夏のパンツにおすすめです。膝下のクッションはなく、すっきりとしたシルエットになるため、細身のスーツの流行に合わせて人気が出ています。
靴下が隠れるくらいのノンクッションのパンツはビジネスの場で着用しても問題ありませんが、くるぶしが見えるほど短いアンクル丈になるとカジュアルの部類に入ります。着る前に職場のドレスコードを確認したほうがよいでしょう。

シューズによっても印象が変わる裾の長さ

裾上げをするときには、どのような靴と合わせるかもポイントです。例えば、がっちりとした靴を履くならワンクッションやハーフクッションのように裾が長めのほうが似合います。反対に、フラットな靴を履くときには、ワンクッションやハーフクッションだとダブついてしまうかもしれません。
スーツの裾上げを注文するときには、実際に合わせる靴を持参して好みの裾の長さを確認するとよいでしょう。

裾上げに使われるステッチの種類

裾上げに使われるステッチは数種類あります。スーツの裾上げは普通まつり縫いです。カジュアルなデザインのスーツやセットアップには、ジーンズやチノパンのように表側にステッチが見えるように裾上げしたパンツがセットになっていることがありますが、ビジネスの場にはあまり向きません。カジュアルデーや服装に厳しくない職場ならよいでしょう。
自分でスーツの裾上げをするときには、外側からステッチが見えないようにまつり縫いにします。アイロンで手軽に裾を上げられるテープも便利です。

裾上げ次第で、スーツ全体の印象が変わる

裾の長さを少し変えるだけで、スーツ全体の印象が大きく変わる裾上げは、もっとも簡単なスーツのカスタマイズといえるでしょう。スーツを新調するときに好みの長さを見つけることはもちろん、裾上げをすることで毎日着ているスーツのイメージを一新してみてはいかがでしょうか。

 

参考: