着こなしのセンスを上げる!スリムスーツ選びの3つのルール

スーツ

スーツ選びの基本は、色・柄、ブランドよりもサイズが合っているかどうかです。大きすぎず窮屈でない、体にぴったりフィットするものを選ぶことで、周囲に「服装に気を使っている、きちんとした人」と印象付けることができます。
好印象を与えるために重要なフィット感を簡単に得られるのが、スリムスーツです。
全身のシャープなシルエットを作り出してくれるスリムスーツ選びで失敗しないためのコツをご紹介します。

手軽にフィット感が得られるアイテム

同じスーツでも、着こなしによって相手に与える印象は大きく変わります。
では、印象を左右する主な要因はどのようなものでしょうか?
「女子に聞いた『ダサいと思うスーツの着こなし』ランキング」(CanCam.jp)によれば、1位になったのは「パンツがダボダボ」、2位は「ジャケットの肩が合っていない」という回答でした。つまり、サイズが合っていないことがダサいと感じさせる要因になっているというわけです。

一般的に、スーツを選ぶときにはジャケットの肩で合わせますが、人によってはウエストが大きすぎたり、パンツが太すぎたりすることがあります。
もちろん、オーダーメイドなら理想のシルエットを作り出すことは簡単ですが、価格もそれなりに高くなってしまいます。お直しならコストを抑えて細部調整はできますが、ある程度の手間と時間はかかります。
そこで使えるのが、ウエストを絞り込んだジャケットと、タイトなパンツを合わせたスリムスーツです。
最初からシャープなシルエットに設計されているため、余計なコストがかからず手軽にフィット感を得ることができます。
最近は、スーパースリムからマイルドなものまで細さのバリエーションも増え、選びやすくなりました。

スリムスーツ選びのポイント

手軽に印象アップできるスリムスーツですが、選び方を間違えると逆効果になってしまうこともあります。
スリムスーツの効果を最大限に発揮するためにも、選ぶ際は次の3つに注意しましょう。

ルール1:過剰に細いものは避け、シワのチェックを

一時期の「細ければ細いほどいい」とエスカレートしていた超スリム志向も落ち着き、最近は適度なスリム感へとトレンドが移ってきました。
細身すぎるものはトレンドを外してしまうというだけではありません。極端に細いスーツをビジネスシーンで着用していると、「服装ばかり気にして仕事ができない人」「軽薄だ」などというマイナスイメージを与えかねないのです。
周囲にマイナスイメージを与えないスリムスーツを選ぶためのひとつの方法は、試着時にシワをチェックすることです。
ジャケットを羽織った際に背中に月のような「ツキジワ」や「ハ」の字型のシワができていないか、パンツ全体に横方向のシワができないかなどを確認しましょう。

ルール2:動きやすさをチェック

スリムスーツですっきりとスリムなシルエットを手に入れても、窮屈で動きにくければストレスが溜まってしまいます。
それならばと、ワンサイズ上のものを選ぶ人も多いですが、大きめのサイズを着ると余分な生地が体にまとわりつき動きにくさの原因になってしまいます。
スーツ選びは、あくまでもジャストサイズが基本ですが、それは見栄えの問題だけではなく、動きやすく快適なスーツを選ぶという意味でもあるのです。スーツ選びの際は、ルール1のシワのチェックにプラスして、実際の動きを試してみてください。
常識的な範囲内で、前に屈んだり、ジャケットのボタンを留めて腕を上げたり組んでみたりと、想定される動きをいろいろと試して、窮屈でないかどうかを確かめます。

ルール3:パンツ丈は適度な長さに

超スリム志向がトレンドだった当時は、細くなっていくと同時にパンツ丈もどんどん短くなっていき、なかにはくるぶしが見えるような人も珍しくありませんでした。
しかし、パンツ丈は裾が靴の甲にあたってしっかり1回たわんでいるワンブレイクが王道です。
裾の細いパンツではノークッションで穿くのが当たり前になってきていますが、ビジネスシーンでは「ワンブレイクが基本」を意識して、軽くたわんだ状態のハーフブレイクくらいにとどめておくほうが無難です。
一方、ジャケットの着丈も、極端に短いものを着る人がいますが、あまりに短いものはビジネスシーンではNGです。ヒップがちょうど隠れるくらいが、きれいに見える長さと心得ましょう。

スリムスーツと相性のいい「機能性素材」

ぴったりフィットのシルエットは魅力でも、仕事で動きづらくなるのは嫌だからと躊躇している人もいるのではないでしょうか。
そこで注目したいのは、機能性素材のスリムスーツです。
ストレッチの利く機能性素材なら、シャープなシルエットにデザインされていても、着衣による動作の妨げや窮屈さからくる不快感を軽減してくれるため、特にスーツを着慣れないフレッシャーズにはおすすめです。
最近は、防シワ性、吸湿性、防汚性、ウォッシャブル機能など、毎日のお手入れが楽になる便利な機能を持った素材も発売されています。
ローテーションするビジネススーツとして1着持っておくとよさそうです。

スタイリッシュな着こなしはスーツ選びから

すっきりとしたスーツスタイルを手軽に演出してくれるスリムスーツは、紹介した3つのルールを意識するかどうかが明暗の分かれ道です。
最大のポイントはジャストサイズを選ぶことです。小さければ窮屈なうえシワが寄ってきれいに着られず、大きすぎてもかえって動きづらくダボダボで見栄えもよくありません。
ジャストサイズのスリムスーツを探すときは、これまで着ていたスーツのワンサイズ上、また、ワンサイズ下も試してみるとよいでしょう。

 

参考: