大切な衣類を守る!汚れのタイプ別シミ取り方法

スーツ

食事中やなにかの作業中にうっかり付けてしまう、衣類のシミ。大切にしていたお気に入りの衣類であれば、すぐにでも落としてきれいな状態に戻したいものです。しかし、やみくもにお湯で流したり洗剤をつけたりすると、反対にシミが広がり取れなくなる可能性もあるのです。シミを取るには、その原因に合う適切な対処法があります。タイプ別シミ取り方法についてご紹介します。

シミ取りの基本

シミ取りを行う際の基本は、シミの種類にあった落とし方をするということです。シミには水で溶けるものとそうでないもの、温めると固まるものなど、性質が異なるため、それぞれに合った対応が必要です。シミを取る際の順序は、シミの外側から中心にむかって行います。中心部からはじめると、シミが広がってしまう場合があるからです。また、シミ取りはできるだけ早く行うことが大切です。時間が経つほど落としにくくなります。

タイプ別シミ取り方法

では、シミの種類別にどのような対処をすればよいか、見ていきましょう。

醤油、茶、コーヒー(水に溶けやすいシミ)の場合

醤油、茶、コーヒーなど水に溶ける性質のシミは、水で落とすのが基本です。乾いたタオルを敷き、その上にシミのついた面をタオルに接するようにして置きます。使い終わった歯ブラシに水をつけ、シミの周辺から中心にむかって、シミを下のタオルに移すようにたたいていきます。落ちにくい場合は、洗剤を溶かした液を歯ブラシにつけて同様にたたき、次に水にひたしてたたいていきます。最後はタオルで水分を吸いとり、自然乾燥させます。

ファンデーション、口紅、ポールペン(油に溶けやすいシミ)の場合

ファンデーション、口紅、ボールペンなど油分を含むシミには、洗剤の原液か、ベンジンやアルコールを使います。乾いたタオルの上に、シミがついた面を接するようにして置きます。歯ブラシに洗剤の原液を少量つけて、シミの周辺からたたきます。タオルの位置を変えながら、シミがタオルに完全に移るまで繰り返し、最後は水でたたいてすすぎ、自然乾燥させます。歯ブラシを使わず、シミの部分だけを指先でつまんで洗ってもOKです。

牛乳、血液(たんぱく質を含むシミ)の場合

牛乳や血液などたんぱく質を含むものは、温度が高いと固まる性質があります。そのためお湯は使わず、水で処理します。酵素配合の洗剤と一緒に衣料用漂白剤(酸素系)を入れてつけ置きします。最後に洗濯機でふだんと同じように洗います。

果物、果汁の場合

果物が衣服についてしまった場合は、酵素配合の洗剤をまず使用しましょう。酵素配合の洗剤と衣料用漂白剤(酸素系)を入れ、つけ置きします。その後、洗濯機で通常通り洗います。

カレー、ドレッシングの場合

カレーやドレッシングなど油分が多く色素が多いシミには、乾いたタオルの上にシミがついた面が接するように置き、まず中性洗剤を歯ブラシにつけてたたきます。次に、衣料用漂白剤(酸素系)をつけて時間を置いたのち洗い流します。

水性ペンキの場合

水性ペンキが乾かないうちに、洗剤の原液を使ってつまみ洗いします。

シミ取りの際の注意点

シミ取りを行う場合は、以下の点に注意しながら行うようにしましょう。

  • 衣類の洗濯表示を確認する:むやみに洗濯機に入れず、家庭用の洗濯機で洗ってよいものなのか、まずは確認しましょう。
  • お湯で洗っていいものと悪いものがある:水よりお湯のほうがシミが落ちやすいと考えがちですが、たんぱく質を含むシミは温まると固まる性質があるため、落としにくくなります。
  • こすらない:ゴシゴシとこすると、かえってシミが広がる可能性があります。衣類自体を傷めることにもつながるため、強くこすらず、たたいて落とします。

シミの原因を見極めよう

シミが付いてしまったときは、まずシミの原因物質を突き止めることが大切です。タオルや古い歯ブラシ、中性洗剤など家庭にあるものを使って落とせるシミもあります。上述の対処法にしたがってシミ取りを行ってみましょう。家庭では難しい場合は、プロのクリーニング業者に任せるのもひとつの手です。大切な衣類を長く愛用するための選択肢として覚えておきましょう。

 

参考: