人気の洗えるスーツ、生地を傷めない上手な洗いかたとは?

スーツ

いつも清潔に着ることができ、クリーニング代の節約にもなる「洗えるスーツ」が大人気です。便利さが特徴の洗えるスーツですが、むやみに洗ってしまうと型崩れの原因になります。汗をかいてスーツに嫌な臭いがついてしまったときや、食べこぼしなどで汚れがついてしまったときに、ご家庭でスーツの生地を傷めず上手に洗う方法をご案内します。

洗う前にチェックすること

洗えるスーツと呼ばれるスーツでも、商品によって洗いかたが異なります。洗う前に次のことをチェックしましょう。

スーツに合った洗いかたを確認

洗えるスーツには、洗濯機で洗えるもの、手洗いで洗えるもの、シャワーを使って流し洗いをするものがあります。まず、自分のスーツが、どのように洗えるかを確認しましょう。また、パンツだけ水洗いができて、上着は水洗いができないスーツもあるため、その点も確認が必要です。
どのようなスーツでも、ドライクリーニングや洗濯を頻繁に繰り返すと生地が傷みます。洗えるスーツであっても、洗濯機で洗う回数は1シーズンに1、2回ほどにしておくことをおすすめします。
洗濯機で洗えるスーツは、手洗いやシャワーでも洗えます。臭いや汚れがそれほどひどくないときには、洗濯機を使わない洗いかたをしてみるのも、スーツを長持ちさせるという点ではよい方法でしょう。

洗剤を使った色落ちテスト

初めてスーツを洗うときには、洗剤をスーツの裏側などの目立たないところに塗り、5分から10分ほど置いて白い布を当て、色落ちしないか試してください。色落ちする場合は洗剤を変えるか、洗剤なしで洗います。おしゃれ着用の中性洗剤を選べば失敗が少ないでしょう。

洗えるスーツの洗いかた

スーツの洗濯表示を確認したら、実際に洗ってみましょう。洗濯機で洗う場合のスーツのたたみかたや、シャワーで洗うときのつるしかたは、商品によって異なる場合があります。まずはスーツに付いている指示を確認してください。ここでは基本的な方法をご説明します。

洗濯機で洗う場合

洗濯機で洗う場合は、必ず洗濯ネットを使います。上着とパンツが一緒に入る洗えるスーツ用の洗濯ネットが便利です。型崩れしないよう、上着のボタン、パンツのファスナーやフックは閉じておきます。上着は、身ごろや袖にできるだけシワがつかないように整え、袖を内側にして二つ折りにします。パンツも折り目にそってたたみます。スーツの洗濯表示に合わせた水温に調整し中性洗剤を入れ、手洗いモードか弱い水流で洗いましょう。脱水後は、すぐに取り出して干します。

手洗いする場合

手洗いする場合も洗濯ネットを使うことをおすすめします。手洗いの場合は上着とパンツを別々の洗濯ネットに入れ、分けて洗ったほうがきれいになります。まず、洗面台などに、スーツの洗濯表示に合った温度の水を張り中性洗剤を溶かして押し洗いをします。すすぎも同じくらいの温度の水を使ってください。十分にすすいだあとは、基本的にそのまま干しますが、洗濯機で脱水できるスーツであれば短時間の脱水をしてもよいでしょう。

シャワーで洗う場合

シャワーで洗うタイプのスーツには洗剤を使いませんが、汗や軽い汚れなら温水シャワーで流すだけでもすっきり落ちます。まず、スーツを上下とも裏返してハンガーにかけ、洗濯表示に合わせた温度の温水を、2,3分ほどまんべんなくかけます。つぎに、表に戻し同じようにシャワーをあてます。シャワーで洗うタイプのスーツは洗濯機で脱水できないことが多いため、水滴が落ちなくなるまでバスルームにつるしておくとよいでしょう。その後、風通しのよい場所で陰干しをします。

干しかた

どの洗いかたをしても、スーツを乾燥させるためには風通しのよい場所で陰干しにします。ぞうきんのように手でしぼったり、乾燥機を使ったりすると型崩れの原因になるためやめましょう。上着はスーツの肩幅にあった厚めのハンガーに、パンツは折り目を合わせてパンツ用のハンガーにかけます。干すときに、手でたたきながら形を整えると細かいシワが消えます。

アイロンがけ

洗えるスーツは、乾けばアイロンなしで着られるものがほとんどですが、シワが気になる場合は低めの温度でアイロンをかけます。
後ろ身ごろは裏側から縫い目に沿ってアイロンをあてるようにし、表側からかけるときには、テカリ防止のために当て布をします。肩や袖にアイロンをかけるときは、クルクルと巻いたタオルを中に入れ、丸みにそってアイロンをかけると余計なシワができません。

はるやまの洗えるスーツ

はるやまでも「ウォッシャブルスーツ」と呼ばれる洗えるスーツを用意しています。上着とパンツの両方が洗えるタイプと、パンツだけをご家庭で洗えるタイプの2種類あるため、好みや使用頻度などで選べますね。
はるやまの洗えるスーツは、洗濯機で丸洗いが可能です。洗いジワも残りにくくアイロンがいらないため、ご家庭で洗っても手間がかかりません。そして、洗ったらすぐ乾く、速乾性に優れているところも嬉しい特徴です。

洗えるスーツで清潔感アップ

水洗いができることで、すっきりと臭いや汚れを落とすことができる洗えるスーツは、汗をかく季節でも清潔に着ることができます。素材や縫製の技術も年々進化し、ご家庭で洗っても汚れが落ちやすく、型崩れしにくくなりました。いつでも清潔に着ることができ、クリーニング代の節約にもなる洗えるスーツは、現代のビジネスパーソンには欠かせないアイテムです。

 

参考: