おさえておきたい礼服を着るときのマナー

マナー

冠婚葬祭などで身につける礼服には、気をつけておきたいマナーがいくつかあるのをご存知でしょうか? 礼服とビジネススーツの違いを比較しながら、礼服を身につける際に知っておきたいマナーについてまとめます。

礼服を選ぶ際の基準

礼服は高級なものになるほど、生地を何度も重ね染めします。そのため、礼服の色は黒ければ黒いほどよいとされるのです。高級礼服と、黒のビジネススーツとを並べて見てみると、明らかに濃く深い黒であることがわかります。また、礼服はシンプルなデザインで、ビジネススーツよりもゆったりした形のものを選ぶようにすると、長く着られて重宝します。
ボタンは、シングルの場合は2つ、ダブルの場合は4つですが、どちらでもマナー上の支障はないため、好みのほうを選んで問題ありません。

結婚式、通夜はダークスーツでOK?

結婚式、通夜に出席する際はダークスーツで問題ないのでしょうか? 気になる点について見ていきましょう。

結婚式の場合

結婚式では、ダークカラーのスーツも可とされます。最近では、同じ礼服を着まわすより、ビジネススーツのほうがセンスよく見えるといった見方があるようです。ベストを合わせたり、蝶ネクタイを合わせたりして、華やかに見せてもOKです。新郎新婦の父親はモーニング着用、夕方以降の結婚式、披露宴はタキシード着用など、立場や時間帯によって着る礼服を変えれば、よりTPOに応じた服装と見なされるでしょう。
ネクタイは光沢のある明るい色を選びましょう。ポケットチーフの色と合わせると、コーディネイトに一貫性が出せます。

お通夜の場合

男性は、濃紺、ダークグレーなどのスーツに黒のネクタイ、女性は、濃紺、ダークグレーまたは地味な色のワンピースに黒か、肌色のストッキングを合わせます。
また、仕事帰りに葬式に参加する場合などは、ダークスーツに黒いネクタイを合わせる形がよいでしょう。女性は黒のワンピースにストッキングいう形で出席します。以前は、黒いビジネススーツは略装だとされていましたが、現在ではフォーマルな場所で着ても問題ないと認識されています。
靴はプレーンな飾りのない黒い革靴を合わせるようにします。

はるやまが手掛ける礼服の特徴

はるやまでは、メンズ、レディースともにフォーマルなシーンに適した礼服を扱っています。その特徴は大きく2つあります。

  • 高品質で、汚れに強い素材でできているため長く着られる
  • 撥水、撥油加工、ホコリがつきにくいなどメンテナンスがしやすくなっている

黒い礼服は汚れが目立ちやすいため、汚れ防止加工は重宝すること間違いなしでしょう。さらに、礼服でありながらスタイルがよく見えるよう考慮されている点にも注目です。紳士服のスラックスは、ひざ下がストレートになるようなデザインを取り入れており脚長効果があります。セットで購入すれば、よりバランスが取りやすいでしょう。
レディースのフォーマルは肌の露出が多くならない、肌にフィットしすぎないなど基本的なマナーをおさえたスタイルの礼服です。

気になる礼服の価格帯については、礼服はいつも着るものではないため、ビジネススーツと同じくらいの価格のものを選ぶのがよいとされます。

礼服の購入はマナーをおさえたアイテムを選ぼう

礼服を購入する際は、スーツの色がより黒く濃いもの、デザインがシンプルでゆったりとしたシルエットで、長く着られるもの、かつスタイリッシュに見せてくれるデザインのもの、という点をポイントに選ぶと失敗がないでしょう。
さらに、汚れていないことも重要なエチケットです。汚れにくいスーツを選ぶことで、この点をクリアできますね。
ダークスーツを用いる場合は、ここにあげたポイントをおさえておくと、冠婚葬祭でのドレスコードとしても、また、マナーとしても問題ないはずです。

 

参考: