第一印象を格上げする!好かれる人のスーツ着こなし術

マナー

スーツを毎日着ていても、爽やかで誰からも好かれるタイプの人と、そうでない人がいます。その差は人柄や個性によるものもありますが、好感度が高いスーツの着こなし方を心得ていることも、理由のひとつでしょう。営業マンや接客に携わる人はもちろんサラリーマンならば知っておきたい、第一印象を格上げするスーツの着こなし術に迫ってみましょう。

第一印象を格上げするシャツ

シャツは首まわりやボディサイズを採寸し、体の大きさに合ったものを用意しておきましょう。特に首まわりが小さくて窮屈だったり、大きすぎてゆるかったりすると、せっかくのスーツの着こなしが台無しになってしまいます。

ビジネスシーンで着用するスーツにあわせるのなら、シャツの色は白や淡いブルー系、淡いピンク系など、主張しすぎない色がベースとなっているものが好ましいでしょう。青や紫、黒など、濃い目の派手なカラーは目立ちすぎるためNGです。またチェックやストライプなどの柄が入ったシャツの場合、薄いカラーや小さい柄のデザインがよいでしょう。

カラー(襟)

襟元のデザインも実はスーツの着こなしの印象を左右する重要なポイントです。ワイドなタイプは首元がだらしなく見えてしまう可能性があり、レギュラーカラーかセミワイドの方が絞まってスッキリとして見えます。

お手入れ

スーツのシャツにシワは厳禁です。少しでもシワがあると、それだけでだらしなく見えてしまい、第一印象はダウンしてしまいます。アイロン掛けをこまめに行い、襟や袖、身頃もキレイにしておきましょう。忙しい方は、アイロン不要のシャツを持っているとお手入れの手間が軽減するのでおすすめです。

第一印象を格上げするネクタイ

ネクタイ選びはなかなか難しいものですが、慣れないうちはシャツとジャケットと必ず合わせて、結んだときのイメージを必ず確認してから購入すると失敗がないでしょう。

デザイン

ベーシックなタイプはストライプや水玉柄が代表的です。奇抜な色や派手な色を使っていないものを選ぶとよいでしょう。さらにストライプのラインが太すぎるものや、大きすぎる水玉は、カジュアルな印象が強くなるため注意しましょう。

太さ

ネクタイの太さもさまざまあります。太すぎるとカジュアル感が増し、細いとスマートな印象になります。

結び方

ネクタイはゆるく結んでいると、だらしなく見えて第一印象にも悪い影響を及ぼしてしまいます。特に、結び目が太くゆるいと襟元がゆるんだ印象になってしまうため、結び目は小さくしっかり結ぶようにしましょう。シャツの第一ボタンをあけたままネクタイを結ぶことはNGです。

第一印象を格上げするアクセサリー

最後にスーツの印象にプラスアルファの効果をもたらしてくれる、アクセサリー類をご紹介します。小物まで抜かりなく、きっちりと身に付けることでコーディネイトのトータルイメージが上がります。

ネクタイピン

ネクタイピンは必ずしも必要はありませんが、付けているとスーツをキレイに着こなしている印象になります。ネクタイピンはかがんだときにネクタイが垂れてこない役割があるため、スマートな着こなしには欠かせないでしょう。ビジネスシーンで使う場合には、シンプルなクリップタイプがおすすめです。ネクタイピンを留める位置は、ジャケットの第一ボタンの少し上がベストです。

ベルト

ジャケットの隙間からちらっと見えるベルトですが、派手な色のものやカジュアルなタイプは避けておきましょう。靴が黒ならベルトも黒、靴を茶色にするのならベルトも茶色系という具合に、ベルトの色と靴の色を同系色にまとめておくと、スーツ全体の着こなしに統一感が出てきます。

時計

腕を上げたときに袖から見える時計は、意外と目立つものです。ビジネスシーンにそぐわないカジュアルなものや、派手で大きめのタイプは避けるべきでしょう。機能性とシンプルなデザインを兼ね備えた時計を身に付けておけば、デキるビジネスマンという印象になるでしょう。

好感を持たれるには身なりが大切

いくら人柄が良くて仕事がこなせても、ビジネスにおいて第一印象はやはり大切です。そのうえで、スーツの着こなしが重要なポイントとなることを理解しておきましょう。周囲から好感を得られて自分に自信が出てくれば、やがてそれがスーツの着こなしにも表れてくるでしょう。

 

参考: