デート服の着こなしでおさえるべき清潔感!5つのポイントとコーディネイト例

マナー

デートで相手に好感を持ってもらうためには、やはり洋服のコーディネイトも重要なポイントです。カジュアルな雰囲気はありながらも、「きちんとしている」「雰囲気がいい」などと思ってもらうためには、全身のコーディネイトでも、特におさえておくべきポイントがいくつかあります。
相手に不快感を与えず、好印象をもたらすために必要なデート服のポイントとは何でしょうか。

好かれる人の着こなしとは

相手から嫌われない、デート服の着こなしで最も大切なキーワードが、「清潔感」です。身につけている洋服そのものをキレイに洗濯して整えておくことはもちろん、体にフィットしたものを選んだり、正しく着用したりすることで、清潔感ある着こなしに見えるものです。
ファッションセンスの有無に問わず、清潔感を感じさせる着こなしをしている人を、私たちは無意識に好意的に思うところがあるのでしょう。

デート服の着こなしポイント5つ

では、清潔感のあるデート服の着こなしで、具体的に注意しておきたいポイントをご紹介します。まずは次の5つのポイントを心がけてみましょう。

1. シャツにシワがない

スーツに合わせるシャツでも、プライベート用のカジュアルなシャツでも、シワがあるだけでだらしなく見えてくるものです。だからデート服でシャツを着る際は、アイロンをかけて入念にシワをチェックしておきましょう。特に襟や袖口をアイロンでキレイにしておくと、きちんと感がアップします。またパンツについても、シワだらけになっていないか確認しておくとよいでしょう。

2. トップスがジャストサイズ

カットソーやジャケットなど、体のサイズに合っていないものを着ていると、服と体がちぐはぐに見えてしまいます。自分の肩幅、袖、丈の長さに合っているか、洋服を購入する際は鏡を正面から見るだけでなく、横や後ろからもチェックしてみましょう。

3. ベルトと靴の色が合っている

男性の場合、ベルトと靴の色を合わせることは、コーディネイトの鉄則です。チノパンにカジュアルなジャケットを合わせたスタイルでも、ベルトと靴の色を同じ色か同系色にすると、それだけで全身の統一感がでてきてスマートに着こなしているという印象をもたらします。

4. 靴をキレイにしている

「おしゃれは足元から」という言葉があるように、洋服をいくら格好よく見せていても、靴が汚れたり破けたりしていると、それだけで印象は大幅にダウンしてしまいます。高級ブランドの靴を用意する必要はありませんが、きちんと手入れをして、ホコリや汚れがないキレイな状態をキープしておきたいものです。

5. TPOをわきまえる

デート服を考えるうえで、必ず考慮しなければいけないのが、どんな場所に出かけるのかということ。バーベキューなどのアクティビティをするのか、おしゃれなレストランで食事をするのか、デートの行き先とやることに合わせた洋服を選ぶことはとても大切です。

ポイントをおさえたコーディネイト例

上述した5つのポイントを抑えたコーディネイトの例をご紹介しましょう。デートに着ていく洋服がわからなくて困った方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

白シャツ×デニムのシンプルコーデ

デート服だからといって気負う必要はありません。白いシャツにデニムパンツを合わせたスタイルは、シンプルだけれど清潔感があって女性に好かれるコーディネイトの一例です。ただし白シャツは、キレイに洗濯してアイロン掛けをしておくことを忘れないようにしましょう。

ジャケット×スニーカーのカジュアルコーデ

カットソーにジャケットを羽織って、足元はスニーカーでカジュアルダウンさせたコーディネイトは、ショッピングや映画デートに最適です。ジャケットは自分の体にジャストなものを選ばなければ、せっかくの着こなしも魅力が半減してしまうため注意しましょう。

おしゃれシャツのスーツスタイル

おしゃれなレストランで食事をする日は、スーツスタイルでキメるコーディネイトはいかがでしょうか。中のシャツは、仕事着用のものではビジネスの雰囲気が出てしまうため、チェック柄や襟元にワンポイントがあるものなど、ひと工夫してみるとよいでしょう。ベルトと靴の色を合わせると、全身がビシッと締まります。

白スニーカーが主役のカジュアルコーデ

白いスニーカーをメインにしたコーディネイトは、爽やかさがアップします。汚れがなく、黄ばんだりくすんだりしていない靴を用意しましょう。

カーディガン×チノパンコーデ

公園や郊外へのドライブなど、アクティブに動く日のデートは、カジュアルなカーディガンとチノパンを合わせてみましょう。これなら動きまわる場合にはもちろん、屋外で食事をするときにも雰囲気にピッタリです。

ファッションセンスより清潔感を

デート服を考えるとき、「センスがないから」などと気にする方がいるかもしれませんが、好かれる着こなしはファッションセンスよりも清潔感が重要です。ここで紹介したポイントをまずはおさえて、コーディネイトしてみることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

参考: