おしゃれにドレスダウン!男女別ビジネスカジュアルの基本

マナー

「クールビズ」という言葉が当たり前になり、ビジネスの場面であってもスーツからカジュアルダウンさせたコーディネイトが多く見られるようになりました。しかし、“カジュアル”といっても、取引先や目上の方に不快感を与えるような洋服では、業務に支障をきたしてしまいます。そこで、ビジネスシーンで真似ができて、なおかつ、おしゃれに見えるビジネスカジュアルについてご紹介します。

ビジネスカジュアルの基本

まず、「ビジネスカジュアル」を行ううえで、基本として覚えておきたいポイントについてご紹介しましょう。

女性のビジネスカジュアルの基本

女性の場合、赤、黄、ピンクといった、派手な色のアイテムは控え、ネックレスやピアスなどのアクセサリーについても派手すぎるもの、大きすぎるものは避けましょう。ジャケットは着用しなくても問題ありませんが、大事な商談や会議などに備えてジャケットは持っておくと便利です。
また、肌を露出しすぎないことが大切です。スカートの丈やトップスの胸元など、肌の露出面積が増えないように気をつけましょう。デニムパンツについては、職場によって対応は異なりますが、好ましくない場合もあるため、注意が必要です。言うまでもなく、穴あきデニムはビジネスカジュアルには向きません。

男性のビジネスカジュアルの基本

男性の場合、スーツではなくても、ジャケットを羽織るのがビジネスシーンでは基本です。ただし、中に着るシャツは、薄いブルーやピンクなど色付きのものにしたり、チェック柄にしたりと、変化をつけてみるとよいでしょう。ネクタイは必ずしも着用する必要はありませんが、カジュアルコーディネイトに合わせられるネクタイを何本か持っておくと、毎日の着こなしの幅が広がります。
インナーのシャツは良質のものを選ぶと、カジュアルな雰囲気でも清潔感やきちんと感が演出できます。パンツについては、カジュアルに見せながらフォーマルな印象も出せる、チノパンが便利です。ベージュや黒などのスタンダードな色なら、大抵のジャケットやシャツにも合わせやすいでしょう。
デニムパンツについては、クリエイティブ系やファッション系など一部の業界では自由に着用しているところがありますが、基本的にはカジュアルなアイテムのため、ビジネスシーンでの着用は避けたほうが無難です。

季節別おすすめビジネスカジュアルコーデ

では、それぞれの季節ごとに、ビジネスカジュアルのおすすめコーディネイトの一例をご紹介します。

春のおすすめコーディネイト

男性は、ジャケットに麻の素材のものをセレクトして、白いパンツと合わせると爽やかさが増します。色や素材で季節感を出すとよいですね。
女性は、ベージュなどの優しい色のジャケットを羽織ると、春らしい華やかさがアップします。またパステルカラーのニットカーディガンやシンプルな白シャツは、上品な雰囲気できちんと感が出せておすすめです。

夏のおすすめコーディネイト

文字、ロゴが大きくプリントされたものやノースリーブはカジュアルすぎるためNGです。男性は、ジャケットを着用しても、インナーは半袖シャツが良いでしょう。ボタンダウンのタイプにすると、半袖でもカジュアル感を抑えられます。ビジネスの場面で短パンはNGです。
女性の場合、トップスは襟や袖周りがしっかりした上質のもので、できるだけシンプルなものを選ぶようにしましょう。

秋のおすすめコーディネイト

ジャケットだけれどカジュアルに見せたいとき、男性へのおすすめは、茶色系のチノパンに紺やグレーのジャケットを合わせる着こなしです。秋の景色によく合う、シックな装いが完成します。女性におすすめは、ノーカラーのタイプです。パンツでもスカートでも合わせやすく、大人っぽいクールなコーディネイトに仕上がります。

冬のおすすめコーディネイト

男性は、ジャケットの中にベストやセーターを1枚重ねると防寒対策になります。
女性はグレーやベージュ、黒などのセーターが冬のコーディネイトに重宝します。スカーフやパールのネックレスを合わせて変化を楽しめますね。もちろん、上にジャケットを羽織ってもよいでしょう。

TPOとオフィスのカラーをわきまえて

ビジネスコーディネートは、業界によって大きく異なり、また、自分が働いている会社や取引先の会社のカラーでも異なります。さらにオフィスでだけ事務仕事をする日なのか、大事な会議で社外の人と会うのかなど、TPOをわきまえたコーディネイトが大切です。