知っているようで知らないクールビズのマナーとは?

マナー

日本では、環境省が地球温暖化対策のため「クールビズ」を推奨しています。官公庁やオフィスなどで定着してきた昨今ですが、クールビズの定義やきちんとしたマナーについて、実はよく知らないという方も多いのではないでしょうか。知っているようで知らないクールビズのマナーをレクチャーします。

クールビズとは

環境省では、平成17年から地球温暖化対策のため、冷房時の室温を28℃と定め、快適に過ごせる軽装や取り組みを促すライフスタイル「COOLBIZ(クールビズ)」を推進しています。クールビズの「28℃」とは、多くの人が冷房の設定温度だと思っている人が多いかもしれませんが、実際には室温のことを指します。
28℃という数値はあくまで目安で、冷房時の外気温や湿度、西日などの立地、空調施設の種類などから見る建物の状況や室内にいる方の体調等を考慮しながら、設定温度を保つ取り組みです。
服装を軽装にするのは、軽装にすることによる冷房の節約を目的としているためで、夏は軽装でノーネクタイを推奨し、クールビズを促す企業が増えています。

ビジネスシーンにおけるクールビズとは

一般的に企業におけるクールビズの取り組みは下記のとおりです。

身だしなみ

男性はノージャケット、ノーネクタイが基本で、28℃で快適に過ごせる軽装を心がけましょう。女性は髪をアップスタイルにするなど暑さを和らげる取り組みをしましょう。

オフィスでの対策

うちわや扇子を利用する、冷感グッズを利用するなど、涼しく過ごせるグッズをオフィスに常備するようにしましょう。また、オフィスにもよりますが、時間差出勤や朝型シフトを利用したり、ブラインドや断熱シートで室温上昇を抑えるといった工夫で冷房効率がアップします。

省エネを含む冷房効率のアップ

OA機器や照明などの冷房効率に影響する機器の電源をこまめにOFFにする自動省エネ機能を利用しましょう。個人での取り組みとしては、ひんやりとした布や座布団を使うなど、デスクチェアを快適にすると暑さが和らぎます。
また、商業施設や観光施設などにおいては、打ち水、グリーンカーテンなどでクールビズを推進する活動を促し、社会に働きかける動きも見られます。

おさえておくべきクールビズの基本ルール

では、具体的にビジネスシーンにおける軽装についてはどんな点に気をつけるとよいのでしょうか。環境省による「クールビズ」「スーパークールビズ」の服装の可否では、次のように定めています。

クールビズ:◯ノーネクタイ、半袖シャツ/(◯)ノージャケット、かりゆしシャツ、チノパン

スーパークールビズ(6月1日から):◯ノーネクタイ、ノージャケット、半袖シャツ、かりゆしシャツ、ポロシャツ、アロハシャツ、チノパン、スニーカー/△Tシャツ、ジーパン、サンダル

(◯)可だが徹底されていない

「環境省におけるクールビズの服装の可否」より

この可否はあくまでも目安とするもので、職場や職種などの雰囲気によるものが大きいでしょう。多くの企業では、ノーネクタイ、ノージャケットを推奨し、きちんと見えするシャツとパンツの着用を一般的としているようです。また、個人の主義主観により、ビジネスの場ではネクタイやジャケットが欠かせないという方は、TPOやシーンで使い分け、クールビズに取り組むようにしましょう。
その場合のクールビズにおいては、スーツにあわせているシャツとパンツをそのまま使用すると、対策としては惜しいです。
涼しい生地やシワになりにくい素材、ノーネクタイでも着られるデザイン、機能性にこだわるなど、クールビズを意識したシャツやパンツを選ぶようにしましょう。

おすすめのスタイルは下記のとおりです。

シャツ+パンツ

ノーネクタイの場合は、シャツのデザインやカラーで印象が変わります。襟のデザインにこだわる、ブルーやストライプなど涼しげな色柄を選ぶ、速乾性に優れた生地を選ぶなど、自分自身だけでなく周囲にも爽やかに感じられるスタイルを心がけましょう。ノーネクタイ派には、ボタンダウンのシャツがおすすめです。

ジャケット+シャツ+パンツ

職種やビジネスシーンにおいては、ジャケットが必要な場合もあります。ジャケットを着用する場合は、グレーやネイビー、ベージュがおすすめです。ジャケットが無地の場合、シャツは色柄ものを選びましょう。
ジャケットに柄が入っている場合は、シャツは無地を選ぶとスマートに見えますよ。ジャケットの選びも、色柄、デザインだけでなく、機能性に優れた涼しい素材を選ぶとよいでしょう。

ビジネスシーンをより快適にアクティブに

知っているようで知らないクールビズについてご紹介しました。とくに服装は、自分次第で快適に心地よく過ごす工夫がたくさんありそうです。自らもクールビズを提唱しながら、環境保護や社会問題に取り組める社会人としてのマナーを心がけましょう。

 

参考URL: