アディダスとのコラボ、「動けるスーツ」とは?

スーツ

スーツは、動きづらい、着ていると疲れるというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。そのようなイメージから、スーツの着用を敬遠しているという方もいるかもしれません。職種によっては、スーツ着用が必須でないところもあります。その場合は、スーツよりカジュアルで楽な服装が多くなるでしょう。今回は、このようなスーツを敬遠している方におすすめしたい、はるやまとアディダスのコラボで開発された「動けるスーツ」ついてご紹介します。

着心抜群、自転車に乗っても快適なスーツ

動けるスーツの特徴はとにかく着心地がよく、快適に動けることです。これまでのスーツは着ていると肩が凝ったり、体が重くなったりといったイメージがありました。しかし、動けるスーツはスポーツウェアに近い機動性を持ち、“自転車に乗っても快適なスーツ”と謳っても大げさではないほどです。
そのスポーツウェアに近い機動性はどこから生み出されるのか、ニットスーツ ID KNIT PANT HRを例にとって秘密を探ってみましょう。
ID KNIT PANT HRは、軽量で定評のあるアディダスのジャケットにも使われている細かくカールした繊維の生地を採用しています。この生地は、高い伸縮性を持ち体に無理なくフィットするだけでなく、形状保持性が高いため着崩れしにくくなっているのです。吸汗性、速乾性にも優れているため、汗をかいても安心です。
このような長年一流のスポーツウェアを提供してきたアディダスで蓄積されてきたハイテクを終結させた生地を用いて、スーツというよりはスポーツウェアに近い感覚で着られることを実現させているといえます。

オン・オフシチュエーションに合わせてかっこよく

動けるスーツは、ビジネスシーンやアフター5、週末など、どのシーンでも使えます。カジュアルフライデーを取り入れている会社では、金曜日にジーンズにTシャツなど思い切りカジュアルダウンしている方もいます。しかし、ビジネスカジュアル程度にドレスダウンしたほうが、フォーマル感があるため、よりかっこよく見えることもあります。
動けるスーツのジャケットを軽く合わせれば、カジュアルフライデーのファッションもキメられます。カジュアルフライデーに着ても負担にならない軽さが魅力のジャケット、春夏用の裏地にメッシュが配置されたID WOVEN JACKET HRもあり、通年を通してジャケットの装いが楽しめます。ID WOVEN JACKET HRは、ラベルの裏側のボタンを使えばスタンドカラージャケットとしても活用できます。

カジュアルな装いをセンスよく見せる

カジュアルな装いに用いたいポロシャツ ID POLO HRは、ポロのようでありながら、ボダンダウンになっているためトラッドな雰囲気もプラスされています。ニットスーツのスラックスと合わせれば、休日の外出やドライブなどのシーンをスマートな装いでキメられます。
このポロシャツとスラックスは、崩れにくいシルエットになるよう計算されているため、今日はデートだからかっこよく見せたいけど、どんな服を着ていいのか分からないといった場合にも重宝します。中にパーカーやジップアップシャツを合わせれば、スポーティーな雰囲気ながら、ほどよく品があるスタイルを演出できますね。

スーツの概念を変える着心地のよさ

動けるスーツは軽量で、体の動きに合わせて負担のないように伸縮するため、これまでのスーツとは全く違う着心地のよさを持っています。ジーンズとTシャツといったカジュアルな装いに匹敵する快適さがありながら、ファッション性が高いのが特徴です。
スポーツメーカー大手アディダスのノウハウをプラスした動けるスーツを、1度手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

参考: