ワイシャツ選びに役立つデザイン基礎知識

シャツ

ワイシャツを選ぶときは何を基準に選んでいますか? 他の衣類に比べて、ワイシャツのデザインにこだわりのある人は少ないかもしれません。しかし、一見同じように見えるワイシャツも襟や袖口のデザインにさまざまなバリエーションがあります。TPOに合ったおしゃれな着こなしのためにワイシャツのデザインについて基本的なポイントをご紹介しましょう。

襟のデザイン:基本はレギュラーカラーかワイドカラー。クールビズにはボタンダウンが活躍

商品名に「レギュラーカラー」や「ワイドカラー」と記されていることが多いため、ワイシャツに襟のデザインが数種類あることはご存知の方も多いでしょう。一般的に細身の人には襟羽の大きさが小さめのシャツ、がっちりした体型の人には襟羽の大きさが大きめのシャツが似合うといわれています。ここでは、代表的な襟の特徴についてご紹介します。

レギュラーカラー

合わせるスーツやネクタイを選ばない最も基本的な襟のデザインで、ビジネスでもフォーマルでも使えます。ワイドカラーよりも首の周りがしまっているため、きっちりとした印象に仕上がります。特に細めの体型や顔が小さい人に似合います。

ワイドカラー(セミワイドカラー)

いま、とても人気がある襟の形です。レギュラーカラーよりも襟が開いている角度(襟羽開き)が大きく、広がっています。首回りがすっきりして小顔に見える効果もあります。体格がよい人にも似合います。レギュラーカラー同様、スーツやネクタイを合わせやすく、ビジネスやフォーマルなど、どんな場面でも活躍します。

ボタンダウン

襟羽の先にボタンがついているデザインで、基本的にはネクタイなしでカジュアルに着こなします。ジャケットやチノパンと合わせればクールビズやカジュアルデーに大活躍しますね。しかし、スポーツ用のシャツが起源の服装なのでフォーマルな席には向きません。スーツを着るときや、大切な商談や会議では着用を避けたほうが無難です。

クレリックカラー

襟と袖が白の無地で身頃が別の色や柄になっています。シャツだけでも見栄えがよく、クールビズやカジュアルデーに最適です。正装を求められない職場であれば、スーツやネクタイと合わせてドレッシーな着こなしもできます。単調になりがちな通勤ファッションのスパイスとして、1着持っているとイメージチェンジが簡単にできます。
ネクタイを合わせるときのコーディネートにおいても腕の見せどころです。シンプルにしたい場合は身頃とネクタイを同系色で合わせるとうまくいきます。反対に、ネクタイを刺し色にしたり、柄のある身頃に柄のネクタイを合わせたりと、上級テクニックに挑戦するのも楽しいでしょう。

袖口のデザイン:ボタンで留めるシングルカフスが一般的。

ビジネスパーティーにはコンパーチブルカフスが便利

服の袖口のことをカフスと呼びます。カフスにはデザインがいくつかあり、襟と同様、デザインによってシャツの印象も用途も違ってきます。

シングルカフス

一重で、片側にボタン、もう一方にボタンホールがついている、最も一般的なデザインです。袖口の緩みを調節できるよう、ボタンが2つついているものもあります。

コンパーチブルカフス

一重で、片側にボタンとボタンホール、もう一方にボタンホールがついているタイプです。ボタンで留めることも、カフスリンクスで留めることもできます。仕事中はボタンで留めておき、仕事が終わるとカフスリンクスをつけてパーティーに出席というような使い方もできて便利です。

ダブルカフス

袖口が折り返しになっており、両側ともボタンホールになっているタイプ。ダブルカフスは、カフスリンクスを使うことを前提に作られています。ドレッシーなデザインのため、パーティーなどのフォーマルシーンにぴったりですが、服装に厳しい職場ではビジネス向きではないこともあります。

袖口のカット:スーツの袖口からのぞくワイシャツの袖が印象を変える

スーツを着たときのワイシャツの袖口は意外と目立つものです。きれいに見える袖の長さは、スーツの上着を着てまっすぐに腕を下げたときにワイシャツの袖口が1~2センチ出る程度です。ここで印象を変えるのが袖口のカットの形なのです。おしゃれな人はチェックしている袖口のカットの形をご紹介しましょう。

スクエア

平らにすると長方形に見える角がカットされていないシンプルな袖口のものを指します。ビジネスでもフォーマルでも場所を選ばない最も正統派のデザインです。

ラウンド

角が丸くカットされている袖口です。スクエアカットよりも優しい印象を与えます。最近のワイシャツでは、このカットが一般的になっています。

バレル

角を斜めにカットした袖口は、シャープでファッショナブルな印象を与えます。ビジネスシーンでも個性的なイメージを大切にする人におすすめです。

知識が増えると、ワイシャツ選びも楽しくなる!

職場でスーツを着る人なら、まず知っておきたいデザインの特徴をご紹介しました。種類が豊富なため、なかにはフォーマルな場所にはふさわしくないワイシャツもあります。ファッションを楽しむためには、職場のドレスコードを知っておくことも大切です。
デザインの細かい違いに目がいくようになると、まず自分が持っているワイシャツへの印象が変わります。そしてコーディネートに興味がわき、ショッピングでもワイシャツ選びが楽しくなることでしょう。ぜひ、お気に入りの1着を探すときの参考にしてください。

 

参考: